女性型脱毛症で悩んでいます。女性用育毛剤が大ヒット!

女性用育毛剤を始め前にこだわって選ぶ

現代社会において薄毛トラブルは男性だけのトラブルでは無くなりました。

 

女性にとって髪の毛は男性以上に大切な身体の一部ですが、なぜ薄毛に悩む方が増えているのか?

 

原因にはやはり日頃の生活が関係しているようです。

 

髪の密度は20代がピークとされていますが、太さでは35歳がピークのようです。

 

当然のことですがトラブルには頭皮の根元、つまり皮脂腺に原因があり、皮脂と汗によって皮脂膜が増えて細菌が繁殖することでフケや脱毛症に繋がってしまいます。

 

そこで女性用育毛剤は欠かせない方法の一つですが、選ぶためには配合成分が大事になってきます。

 

お肌に敏感な方、かぶれやすい方なら無添加を選ぶようにしましょう。

 

育毛剤は成分自体が強いものが多いので、できるだけ肌質に合ったタイプと、そしてメーカーごとに成分とは違うものですから、匂いがきつくない無臭タイプも女性にとって大事な選び方になります。

 

また女性用育毛剤は薬用育毛剤、医薬部外品、医薬品、一般の化粧品扱いなどがあります。

 

こういった中から薬用成分が表記されているのを選び、匂い、刺激などを選ぶわけですが、その前に少量の物で頭皮の反応などをまずは調べてから確かめるのも良いのではないでしょうか。

 

http://育毛剤.lolipop.jp/

妊娠による女性の薄毛に使用する育毛剤

 

女性の場合の抜け毛や薄毛には、妊娠による場合があります。

 

女性が妊娠をするとプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が盛んになります。

 

プロゲステロンが過剰に増えることでヘアサイクルを乱し、毛が抜けるまでの期間が短くなることで抜け毛が増えます。

 

また摂取した栄養の多くを胎児に取られることでも栄養不足を起こし、髪が薄くなる場合もあるのです。

 

しかしこれらの薄毛は出産後には改善されていくので、あまり心配することはないのですが、それでも気になって育毛剤を使用するのなら十分な注意が必要です。

 

育毛成分として有名なミノキシジルやフィナステリドは口から入ったり皮膚から吸収されると胎児の生殖器に異常をきたすことがありますので、絶対に使わないようにしましょう。

 

特にミノキシジルは母乳に移行することが分かっているので、出産後でも使用しない方が良いのです。

 

女性の薄毛は男性の場合と原因が違うので、女性専用の育毛剤を使用することお勧めします。

 

代表的な成分としてはセンブリエキスです。

 

自然の植物から抽出した成分ですので、身体に対する影響の心配もありません。

 

血行を促進して育毛に必要な成分が髪にまで十分に行き渡るようにしてくれる成分ですから、冷え性などに悩む女性の場合にもおすすめです。

保湿性に特徴がある女性用育毛剤

 

育毛剤は、大きく分けると2種類あります。

 

女性用のタイプと、男性用なのですね。

 

そもそも毛髪が少なくなっている悩みは、男女共通になります。

 

それが少なくて悩んでいる男性の人数は非常に多いですが、実は女性の人数も案外多いものなのですね。

 

ところで毛髪が減少している時には、育毛剤という選択肢が浮上します。

 

女性も毛髪が少なくなっている事がある訳ですから、その薬剤を用いる事も多々あるのですね。

 

ところで女性用育毛剤は男性向けの商品とどのように異なるかと申しますと、保湿性が高いものが多いのです。

 

女性の場合は、乾燥度合いが大きなポイントになってきます。

 

毛髪周辺の部分が乾燥してしまっていると、抜け落ちる確率も高まる事が多いのですね。

 

このため女性用の商品は、保湿性を高めるタイプが非常に多く見られます。

 

男性用の商品の場合は、毛髪に対する栄養分やホルモンバランスに関わるものが多いのですが、女性用は乾燥度を低めるタイプになる訳ですね。

 

そして実際に、女性用育毛剤は効果を発揮している事も多々あります。

 

頭皮が見えてしまっている箇所に対して、細かな毛髪が生えてきたので、とても嬉しかった等の口コミも見られます。

 

ですので毛髪のお悩みがある時には、それを用いてみるのも一法でしょう。